HOME > カントラロジの強み

カントラロジの強み

運行管理への取り組み

運行情報管理システム

運行情報管理システムとして、デジタルタコグラフを導入し、走行速度・距離・時間などを記録しております。記録した運行情報より安全運転の指導をすることで、荷崩れの防止や到着時刻の徹底など運送品質の向上に努めています。現在使用しているシステムでは、現場での音声警告と独自の運行評価基準を搭載しています。

運行情報管理システムの概要

新型アルコールチェッカー導入

管理体制を強化するため、新型のアルコールチェッカーを導入しています。出勤・退勤時に測定し、測定日時・測定値など全てのデータはパソコンで管理し、確実に飲酒運転を防いでいます。また免許証の提示も連動させており、法令遵守を徹底しております。

ページトップへ

安全管理への取り組み

SRV(セーフティレコーダービデオ)

SRV(セーフティレコーダビデオ)を導入し、運行時の映像を記録することで、安全管理の向上に取り組んでいます。過去の運行情報の分析や、運転手一人ひとりの日頃の癖を直すことで危険運転を未然に抑えています。

バックアイモニター

トラックは、乗用車に比べ車体が大きく、死角が大きくなります。しかし、バックでの駐車はもちろん、バック走行しなければいけない場面は無くせません。事故防止のため、バックギアに入れると自動的に後方が映し出されるバックアイモニターの搭載を進めています。

SAS(睡眠時無呼吸症候群)検査

SAS(睡眠時無呼吸症候群)とは睡眠中に呼吸が止まったり、低呼吸の状態が繰り返されたりすることで、質的にも量的にも十分な睡眠がとれず、日中に強い眠気を生じる病気です。当社では定期的な検査を実施し、SAS対策に取り組んでいます。

ページトップへ

品質管理への取り組み

Gマーク認定

当社は、全国貨物自動車運送適正化事業実施機関(全日本トラック協会)より、交通安全対策等の取り組みを評価され、安全性優良事業所(Gマーク)として認定されました。今後ともお客様から信頼される企業として、より質の高いサービスを提供していきます。

温度管理(サーモクロン、おんど取り)

チルド・フローズン輸送において、温度管理は生命線です。標準で冷蔵・冷凍車に備え付けられている装置とは別に、温度管理装置を設置し、温度データを記録しています。その温度データを日々チェックすることで、不測の事態に対して迅速に対応できる体制を取っています。

ページトップへ

環境対策への取り組み

低公害車(CNG車の導入)

法令遵守に留まらず、CO2やNOxの排出を削減するため低公害車の積極的な導入に取り組んでいます。今後も導入台数を増やし、環境に配慮した車両の活用を進めていきます。その他にも環境負荷を低減させる車両装備なども積極的に活用しております。

エコドライブ

当社ではエコドライブの実施を取り組んでいます。ゆっくり発進し、ゆっくり停車すること、長時間の停車時はエンジンを切ることを基本に、運転手一人ひとり対して、エコドライブの意識付けに努めています。

ページトップへ

3PL事業への取り組み

概念説明図

ページトップへ

事故撲滅への取り組み(願い)

ちょっとイライラして。時間がなく急いでいて。仕事に疲れていて。いい所を見せたくて。
ほんの少しの迷いが、大きな事故を招いています。
こどもミュージアムトラックは、運転士にも見る人にも 心のゆとりを取り戻させます。
誰の心にも必ずある「優しくしたい・世の中を良くしたい」 という気持ちを呼び起こします。
こどもミュージアムトラックを日本中の道路に走らせたい。 そうすれば、交通事故は減らせます。
みんなが少しづつ、優しくなります。
日本の全てのトラックが、こどもミュージアムトラックに なることを私達は夢見ています。

「世の中から少しでも事故がなくなりますように!」
そんな願いを込めて、私達カントラロジもこどもミュージアムプロジェクトに賛同いたします。

こどもミュージアムプロジェクトラッピング号

こどもミュージアムプロジェクトラッピング号誕生

2019年8月平野営業所、港営業所に納車されました。
また、2019年8月6日本社において、絵画に参加していただいたお子様達に感謝状を授与するセレモニーを開催致しました。

こどもミュージアムプロジェクトラッピング号

こどもミュージアムプロジェクトラッピング号

ページトップへ